目の運動をすることによって、視力が回復するといわれていますが、効果なんてあるのでしょうか? 結論からいうと、目が良くなる可能性もあります。 ただ、あくまでも可能性があるだけですから、必ずしも良くなるという訳ではありません。 あまりにも目が悪い場合には、それほど大きな効果を期待することは出来ませんね。 でも、近視になりかけの時に行うと、視力が回復したり、視力低下を抑えることができます。 では、どうして目の運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をする事により、視力が回復するのでしょうか? それは、目の運動をすることで、筋肉のコリが取れ、血行が改善されるためです。 目の血行が改善されてると眼精疲労を緩和する事が出来、視力低下を抑制することができます。 やり方は簡単で、何度も目を閉じたり、開けたりを繰り返すだけです。 また、上下、左右に目をうごかすのも有効でしょう。 いつでもどこでもすぐに行うことが出来るので、ほんのささいな合間に行うようにしてください。 特に、パソコン作業の多い人は、目が疲れやすいですから、定期的に行う事をオススメしますー